他に必要なこととは

a man using smartphone

それではプログラミングに関するスキル以外で、インフラエンジニアに求められる要素も教えたいと思います。インフラエンジニアの仕事なんですが、結構勘違いしている人も多いのが現状です。よくインフラエンジニアは黙って長時間ずっとパソコンと向かってコーディングしているというイメージを持ってる人がいますが、実はそれは間違いです。インフラエンジニアはむしろコーディングよりもマネジメントをする立場にあるといっても良いでしょう。そのため、コミュニケーションスキルは必ず必要になってきます。実際にがっつり毎日コーディングすることになる職業はプログラマーという職業になるので、まずそこは覚えておいてください。もしあなたがリーダーになるのは嫌だというタイプなら、おそらくインフラエンジニアよりもプログラマーになる方が良いでしょう。逆にどんどん上を目指していきたいという人は是非インフラエンジニアになってほしいと思います。そしてインフラエンジニアといえばよく機材を持ち運ぶことも頻繁にあります。機材はとても重たいものが多いので、思っている以上に力仕事が多くなることが言えるでしょう。つまりきゃしゃな人だと意外とインフラエンジニアはつらいと思うかもしれません。結果、インフラエンジニアに必要なのはチームを牽引していけるコミュニケーション能力に加え、ある程度の体力が必ず必要になるということになります。根が明るく、そしていろんな人の管理ができる人はインフラエンジニアになって、毎月高収入を稼げるようになってみてください。