未経験でも大丈夫

a man taking a photo on the cellphone

すでに専門学校などに通っていて、インフラエンジニアになれるほどのスキルを持っているのなら簡単にインフラエンジニアとして就職したり転職したりすることは可能です。しかし、まだ一度もインフラエンジニアに関する勉強をしたことがない人だったら当然面接で採用される可能性は劇的に低くなってしまうでしょう。では完全未経験の状態でしかも知識がない人がインフラエンジニアになるためにはどうすればいいのか?まずインフラエンジニアに関する求人情報を見ていると、ほぼ必ず共通してくるのが募集の条件です。どこも大体経験者しか募集していないことがわかります。しかも実務経験3年以上または新卒者のみという記載ばかり書かれていることでしょう。そうなると最初からまったく知識のない未経験者は諦めるしかないという状態になってしまいます。しかし諦めるのはまだ早いです。実務経験必須だったとしても、応募できる方法はあります。まずあなた自身でしっかりプログラミングスキルに関する知識を勉強していただき、そこから一度自分でWEBサイトを作ってみるのです。作ったWEBサイトを面接の際に見せることができれば、たとえ実務経験ゼロだったとしても、あなたのスキルを買ってくれるかもしれません。むしろ未経験者はそうやって面接官にアピールしていくしかないので、必ず自分でポートフォリオとなるものを作るようにしましょう。初心者の場合はひとつのポートフォリオを作るだけでもかなり時間がかかってしまうかと思いますが、むしろ時間をたくさんかけて丁寧に作ることをおすすめします。